おすすめのラーメンフランチャイズを徹底調査

ラーメン屋になりたい!注目のフランチャイズランキング

東麺房

おすすめラーメンフランチャイズ東麺房のロゴ

加盟金(保証金込み): 約226万
ロイヤリティ: 無料。
オーナーからの評判: ★★

フランチャイズの詳細はこちら

麺場田所商店

いしおしラーメンフランチャイズ麺場田所商店のロゴ画像

加盟金(保証金込み): 約200万
ロイヤリティ: 無料。
オーナーからの評判: ★★★

フランチャイズの詳細はこちら

らあめん花月嵐

おすすめラーメンフランチャイズらーめん花月嵐のロゴ

加盟金(保証金込み): 約309万円
ロイヤリティ: 月間総売上額の5%
オーナーからの評判: ★★

フランチャイズの詳細はこちら

HOME » ラーメン屋をフランチャイズで始める基礎知識 » ラーメン屋を開業するために必要な資金

ラーメン屋を開業するために必要な資金

開業にかかる平均資金額

ラーメン屋を開業する際にかかる平均資金額は、場所・広さによっても変わりますが、最低でも1000万円はかかります。都内でそれなりに良い立地で、広さは10坪ぐらいの計算です。1000万円はちょっと高い、もう少し資金を抑えたいというときには、場所と広さを変えなくてはいけません。立地に関しては、開業するにあたって最も大事なポイントなので、立地が悪いところで勝負するのは難しいでしょう。やはりふらっと立ち寄れるような場所にないと、入ってもらうきっかけがなく、なかなか繁盛しづらいです。

店舗として必要な広さについて

開業にあたって、広さはどれぐらい必要なのでしょうか。目安として、カウンターだけにするか、それともカウンターとテーブルを設置したいか、またはもっと大きく席を確保したいかにもよります。最も安く済ませることができるのは、もちろんカウンターだけのお店です。10坪未満でも開業可能となっています。しかし、入れるお客さんが少なくなってしまうため、せっかく繁盛してもあまり客数をさばけなくなります。ある程度先を見越して開業する場合は、思い切って30坪以上が良い、とされています。実は10坪から20坪のお店は、「中途半端」で閉店率も高いのだとか。もちろんその率に惑わされる必要はありませんが、人気店となって、ある程度の客数が店内に入れる方が、より売り上げを伸ばすこともできるでしょう。

その分開業にかかる資金も増えてしまいますが、将来の経営をどのようにしていきたいかを基準に考えてみてはいかがでしょうか。

以上を踏まえたうえで、自分がどんなお店をやりたいのか、そしてどれぐらいの資金を用意できるのか、また設備資金と運転資金のバランスをどのようにしたいのかなどの要素から決めるといいでしょう。

開業資金の内訳

資金の区分について

事業に必要な資金というのは、融資を受ける前提では「設備資金」と「運転資金」に分けられます。設備資金は、初期費用の中でも固定資産と呼ばれるものです。建物や土地の費用、また店舗の敷金や内装工事費、厨房機器や製麺設備などを設置する費用となります。

一方で、運転資金は、設備資金以外でかかる費用のことです。家賃や人件費、仕入れにかかった代金やその他の経費です。

設備資金

○保証金(敷金)

家賃を10万円とすると、その6か月分、60万円が必要な相場となります。もしものときに家賃を受け取れなくなってしまったら、貸主は困ってしまいます。念のためにというお金です。住宅の場合は2か月や3か月ぐらいの保証金(敷金)であることが多いのですが、店舗の場合は平均で半年分となっています。家賃の額が多ければ、その分用意しなくてはいけない保証金(敷金)も多くなります。

○厨房機器・調理器具・製麺設備

厨房機器は、新品ですべてそろえるとなると、かなりの資金がかかります。製麺設備も同様です。より本格的な製麺設備を導入する場合、安くても300万円ほどかかってしまうのですが、麺にこだわりたいと考えているラーメン屋であれば、導入する必要があるでしょう。厨房機器も製麺設備も購入した場合は、相場が400万円~500万円です。300万円ほどかかる製麺設備は、できあがった麺を仕入れるから不要、ということであればかかりませんが、その分運転資金として仕入れをするお金はかかります。

○内装・外装・設備工事

店舗を始めるには、内装や外装にお金を使わなくてはいけません。自分が理想とするラーメン屋を目指したいならなおさらです。また、電気やガス、水道を使うための設備工事もしなくてはいけません。この費用は、坪単価40万円から50万円ぐらいが都内の平均値となっています。ただし、これは一から自分で店舗として営業ができるようにする場合です。もともとお店があった「居抜き物件」の場合は、内装や外装、そして設備工事が必要のない可能性もあるため、安くなります。

運転資金

○礼金

1か月ほどの礼金を必要とすることが多いため、家賃10万円であれば10万円が必要です。ただし、交渉次第で礼金は不要としてくれる場合もあるので、一度交渉してみましょう。

○仲介手数料

不動産を紹介してくれた業者への手数料ですね。業者の利益となる部分です。1か月が相場となっているので、こちらも家賃10万円なら10万円です。ただし、こちらも交渉次第で安くしてもらえる場合があります。

○家賃の前払い

家賃は基本的に前払いとなるため、10万円なら10万円分事前に支払っておかなくてはいけません。

この3つの費用は、初めの月だけに発生します。

  • 人件費:売り上げの30%未満
  • 水道光熱費:1坪あたり1万円前後
  • ガス代:1か月分で10万円前後
  • 家賃(毎月);10万円の場合は10万円
  • 原材料費(仕入れ代):売り上げの30%程度
  • 借り入れ関係の費用:利息2%ほど

これらが、別で毎月かかる費用です。人件費は最初のころなら自分1人で経営ができてかからないかもしれませんし、原材料費もまだお客さんが少ないからと少なめで仕入れることによって抑えることはできるでしょう。ただし、それ以外の費用はあまり安くできず、毎月かかります。特に、仕込みの時間が長いとかかりやすいのが、水道光熱費とガス代ですね。

とはいっても、こればかりはラーメンを作るために必要不可欠な費用です。節約は難しいですよね。

毎月かかる費用も、ある程度余裕をもって考えておけるといいでしょう。

資金の調達方法

貯金

自分だけの力で、借入額は少なく開業したい、というときには貯金が必要です。借り入れをする場合でも、自己資金がまったくない状態での開業は不安ですよね。もしも何かがあったとき、ある程度余裕をもって費用がないと、どうすることもできなくなってしまいます。設備資金分と運転資金、できれば半年分ぐらいの金額に対し、3分の1以上は自己資金を用意しておきましょう。それ以下しかない場合は、もしものときに危険だと判断され、融資を受けづらくなります。

ラーメン屋を始めたいと昔から決意していて、とにかくコツコツと貯金をして、開業するためにかかる費用を全額貯金で賄う、という人もいるそうです。開業費用を考えるとかなり長い道のりの貯金となりますが、借り入れしたくない、というときには貯金をコツコツと頑張るしかありません。

知り合いから借り入れをする

融資を受けるのが、金融機関ではなく身近な人である、というだけの違いで借り入れであることに違いはありません。身近な人であれば、安い金利でもしくは金利はなしで貸してくれる可能性も高いでしょう。その気持ちをありがたく受け取り、貸してもらうのも資金調達の1つの方法です。しかし、親しき仲にも礼儀ありというように、身近な人だからこそ気を使ってちゃんと返済していかなくてはなりません。返済するとしている期日に送れるのはダメですし、甘えてしまいそうな自分を律しながら返済していきましょう。

日本政策金融公庫などで借り入れをする

金融機関から借り入れをする方法です。国が政策的に支援を行ってくれるので、これから開業する人にとっては借りやすいです。また、無担保無保証も一定期間までは可能となっています。もちろん、ちゃんと開業計画を立てたり、やらなくてはいけないことはあります。開業が本気であること、そして開業してからの計画がしっかりとしていることは大前提です。もしも不備があれば、日本政策金融公庫で借り入れることはできません。

 

おすすめのラーメンフランチャイズをリサーチ

フランチャイズのラーメン屋で成功したオーナーの声

ラーメン屋をフランチャイズで始める基礎知識

なぜラーメン屋が儲かるのか?

徳島でラーメン店をフランチャイズ開業!口コミとおすすめは?

金沢でラーメン店をフランチャイズ開業!口コミとおすすめは?

高知でラーメン店をフランチャイズ開業!口コミとおすすめは?

新潟でラーメン店をフランチャイズ開業!口コミとおすすめは?

岩手でラーメン店をフランチャイズ開業!口コミとおすすめは?

青森でラーメン店をフランチャイズ開業!口コミとおすすめは?

秋田でラーメン店をフランチャイズ開業!口コミとおすすめは?

北海道でラーメン店をフランチャイズ開業!口コミとおすすめは?

山形でラーメン店をフランチャイズ開業!口コミとおすすめは?

広島でラーメン店をフランチャイズ開業!口コミとおすすめは?

福島でラーメン店をフランチャイズ開業!口コミとおすすめは?

富山でラーメン店をフランチャイズ開業!口コミとおすすめは?

島根でラーメン店をフランチャイズ開業!口コミとおすすめは?

宮城でラーメン店をフランチャイズ開業!口コミとおすすめは?