おすすめのラーメンフランチャイズを徹底調査

ラーメン屋になりたい!注目のフランチャイズランキング

東麺房

おすすめラーメンフランチャイズ東麺房のロゴ

加盟金(保証金込み): 約226万
ロイヤリティ: 無料。
オーナーからの評判: ★★

フランチャイズの詳細はこちら

麺場田所商店

いしおしラーメンフランチャイズ麺場田所商店のロゴ画像

加盟金(保証金込み): 約200万
ロイヤリティ: 無料。
オーナーからの評判: ★★★

フランチャイズの詳細はこちら

らあめん花月嵐

おすすめラーメンフランチャイズらーめん花月嵐のロゴ

加盟金(保証金込み): 約309万円
ロイヤリティ: 月間総売上額の5%
オーナーからの評判: ★★

フランチャイズの詳細はこちら

HOME » ラーメン屋をフランチャイズで始める基礎知識 » 成功のヒケツ

成功のヒケツ

ラーメン屋のFCで開業した場合に、どのように経営していくべきか、そのコツなどを解説します。

FCでのラーメン屋開業で売上(収入)を高めるには

FCでラーメン屋を運営する人のために、成功のヒケツを解説します。

ラーメン店に限らず、飲食店の命ともいえるのが「立地条件」です。

「必ず繁盛する場所」「絶対に繁盛しない場所」があるからです。
地域の客層、商圏人口、ライバル店を含めた周辺地域の状況などをリサーチして、成功する確率の高い立地を選ばなければいけません。

また 「従業員の質」も繁盛店の条件です。お客様と接する従業員の力量や感じの良さ・悪さは、
店に対するイメージや評判を決定づけます。

とくにFCの場合は、そのFCブランドまで貶めてしまうことになりかねませんので、特に人材教育には力を入れるべきといえます。

また、成功する経営者となるための条件として、数値の管理能力があります。
ラーメン店は、安い原価で商売をすることができ、当たれば大きく儲かるといわれています。
こうしたメリットをいかすためにも、売上げの計算の基本をおさえておきましょう。

ラーメン店の月間売上予測は、下記の式で出すことができます。

『平均客単価×席数(来店客数)×回転数×営業日数』=月間売上予測

このうち、FCにより異なるのが、平均客単価です。

お客様一人当たりの平均的な支払い額、メニューの料金を高く設定しているFCなら当然高くなります。

さらに、ラーメンづくり、サービスといった対お客様の面だけでなく、経営面のスキルも必須となります。
たとえば、売上げ(収入)を得るための経費の管理は、以下のような収支シミュレーションをおこない、しっかりと利益が確保できるよう予測を立てます。

【チェーンAの損益シミュレーション(日商7万円の場合)】
売上…210万円
原価…73.5万円
粗利益…136.5万円
経費…79.8万円<内訳/人件費48.3万円 水道光熱費14.7万円、消耗・通信費 2.1万円、家賃10.5万円、雑費4.2万円>
オーナー利益…56.7万円(夫婦で営業すれば人件費はすべてオーナー利益に加算し105万円に)
※客単価/約780円 ※客動員数/日約90名
【チェーンBの収支シミュレーション 月間売上げ300万円<15坪>】
売上…300万円
経費合計…236.7万円<内訳/仕入れ原価90万円・人件費75万円(オーナーが入らない状態)・家賃18万円・光熱費27万円・POSシステムなど3万円・ロイヤリティ9万円・その他6万円・減価償却費8.75万円>
 

それからFCで経営をする場合、月々の収支に影響するポイントとして、
本部に支払うロイヤルティの存在を頭に入れておかなくてはなりません。

ロイヤルティは、チェーンによって、粗利分配方式、売上歩合方式、定額方式など計算方式が異なります。

また、ロイヤルティが0円、つまりロイヤルティで利益を出す方針でないチェーンもありますから、覚えておくといいでしょう。

 

おすすめのラーメンフランチャイズをリサーチ

フランチャイズのラーメン屋で成功したオーナーの声

ラーメン屋をフランチャイズで始める基礎知識

なぜラーメン屋が儲かるのか?