おすすめのラーメンフランチャイズを徹底調査

ラーメン屋になりたい!注目のフランチャイズランキング

東麺房

おすすめラーメンフランチャイズ東麺房のロゴ

加盟金(保証金込み): 約226万
ロイヤリティ: 無料。
オーナーからの評判: ★★

フランチャイズの詳細はこちら

麺場田所商店

いしおしラーメンフランチャイズ麺場田所商店のロゴ画像

加盟金(保証金込み): 約200万
ロイヤリティ: 無料。
オーナーからの評判: ★★★

フランチャイズの詳細はこちら

らあめん花月嵐

おすすめラーメンフランチャイズらーめん花月嵐のロゴ

加盟金(保証金込み): 約309万円
ロイヤリティ: 月間総売上額の5%
オーナーからの評判: ★★

フランチャイズの詳細はこちら

HOME » ラーメン屋をフランチャイズで始める基礎知識 » 失敗しないフランチャイズの選び方

失敗しないフランチャイズの選び方

ラーメン店が成功するか否かは、FC本部選びにかかっているといっても過言ではありません。

ラーメンのFC(フランチャイズ)本部選びはココに注目!

ここでは、数あるラーメンFCの中から、自分にあっているか、成長を力強く支援してくれるFCかどうかを見極めるためのチェックポイントを解説してみたいと思います。

<ポイント1>企業理念

加盟店は、本部からの指導を原則的に従わなければなりません。

ですから本部が掲げる経営理念や、ビジョンに賛同・共感できることが大前提です。またビジネスは永続性が重要ですから、
引きのある新ラーメンの開発や店舗開発、新業態開発に積極的であるかどうかも大事なポイント
になります。

<ポイント2>開業資金

開業にあたってFCに加盟契約すると、
一般的には加盟金・保証金・立地調査費・研修費・什器・備品代・商品代・商標・マーク・ノウハウ使用料・宣伝企画料などが発生します。

加盟金・保証金の低いFCブランドを選択すると、初期費用をおさえることができます。

<ポイント3>運転資金

開業後は、運転資金(人件費、仕入代、水道・光熱費)やフランチャイズ本部へ支払うロイヤルティが必要となります。

ロイヤルティの金額については、フランチャイズ本部によって、
粗利分配方式・売上歩合方式・定額方式などいろいろなパターンがあります。

<ポイント4>店舗の運営方法

FC契約でラーメン店をオープンすると、FC本部のマニュアルやアドバイスに基づいて店舗を運営することになります。

知名度のある商標を利用したり、保証された味を提供できるというメリットがある一方、
提供するメニューや店舗の内装など、「オーナーの好きにできない」というデメリットも出てきてしまいます。

FCによりその自由度が異なりますので、要チェックです。

<ポイント5>サポート体制・研修

ラーメン店の開業、運営に必要な技術や経営者としての心構えなどを教育するため、ほとんどのFC本部には研修制度があります。

通常は、OJT(オン・ザ・ジョブ・トレーニング)という形で、FC本部の直営店で実際の業務に携わりながら教育指導を受けます。

FCによって研修期間や内容は異なりますので、たとえば期間があまりに短すぎたり、
研修内容や不透明な場合などは、きちんと問い合わせをして事前に確認するとよいでしょう。

 

おすすめのラーメンフランチャイズをリサーチ

フランチャイズのラーメン屋で成功したオーナーの声

ラーメン屋をフランチャイズで始める基礎知識

なぜラーメン屋が儲かるのか?