おすすめのラーメンフランチャイズを徹底調査

ラーメン屋になりたい!注目のフランチャイズランキング

東麺房

おすすめラーメンフランチャイズ東麺房のロゴ

加盟金(保証金込み): 約226万
ロイヤリティ: 無料。
オーナーからの評判: ★★

フランチャイズの詳細はこちら

麺場田所商店

いしおしラーメンフランチャイズ麺場田所商店のロゴ画像

加盟金(保証金込み): 約200万
ロイヤリティ: 無料。
オーナーからの評判: ★★★

フランチャイズの詳細はこちら

らあめん花月嵐

おすすめラーメンフランチャイズらーめん花月嵐のロゴ

加盟金(保証金込み): 約309万円
ロイヤリティ: 月間総売上額の5%
オーナーからの評判: ★★

フランチャイズの詳細はこちら

HOME » おすすめのラーメンフランチャイズをリサーチ » 大阪王将

大阪王将

ラーメンのお店をフランチャイズで出店する方法の候補に、大阪王将があります。

オーナーを大事にするFVC(フランチャイズボランタリーチェーン)大阪王将

株式会社イートアンドが展開する大阪王将は、「餃子の美味しい中華食堂」として知られていますが、煮干醤油ラーメン、中華そば、うましおラーメン、こく味噌ラーメン、四川風坦坦麺など、ラーメンメニューも充実しています。

大阪王将のフランチャイズシステムは、「NOREN(のれん)チャイズシステム」という独自のスタイルをとっています。

これは、フランチャイズとボランタリーの、それぞれの利点を活かしあい、デメリットを補完しあうという考えから生まれたFVC(フランチャイズボランタリーチェーン)と呼ばれる仕組みです。

本部のノウハウが利用できるが、オーナーの自由が制限されるフランチャイズ。

一方、オーナーの自由になる部分が大きいが、ノウハウや商品開発力に不安があるボランタリー。それぞれの強味をバランスよく生かしながら弱味は補完し、必要な時に必要なだけ本部がサポートし、オーナーの個性、自主性を尊重するシステムを実現しています。

フランチャイズの基本データ(2014年1月時)
展開店舗数 約300店舗
開業資金 約800万円(加盟金500万円・保証金150万円・店舗設計費150万円)
物件・設備 約2580万円
<内外装費 1500万円 厨房設備費(リース)500万円
什器・備品費120万円装飾品費 20万円POSレジ(リース)240万円 営業備品30万円
広告宣伝費50万円開店雑費120万円>+物件取得費
ロイヤリティ 商標利用料として売上1%。また希望に応じて店舗運営指導料売上2%。

ラーメンフランチャイズ「大阪王将」のオーナーの口コミ評判

セントラルキッチンから毎日届けられる新鮮な具を店の厨房で包み、ガス餃子焼き機で焼いている。らーめん以外の中華料理全般に必要な火力がえられて、満足している。

 

おすすめのラーメンフランチャイズをリサーチ

フランチャイズのラーメン屋で成功したオーナーの声

ラーメン屋をフランチャイズで始める基礎知識

なぜラーメン屋が儲かるのか?