おすすめのラーメンフランチャイズを徹底調査

ラーメン屋になりたい!注目のフランチャイズランキング

東麺房

おすすめラーメンフランチャイズ東麺房のロゴ

加盟金(保証金込み): 約226万
ロイヤリティ: 無料。
オーナーからの評判: ★★

フランチャイズの詳細はこちら

麺場田所商店

いしおしラーメンフランチャイズ麺場田所商店のロゴ画像

加盟金(保証金込み): 約200万
ロイヤリティ: 無料。
オーナーからの評判: ★★★

フランチャイズの詳細はこちら

らあめん花月嵐

おすすめラーメンフランチャイズらーめん花月嵐のロゴ

加盟金(保証金込み): 約309万円
ロイヤリティ: 月間総売上額の5%
オーナーからの評判: ★★

フランチャイズの詳細はこちら

HOME » なぜラーメン屋が儲かるのか?

なぜラーメン屋が儲かるのか?

ラーメン屋が儲かるのは、ラーメンが国民食といわれるほど、私たちの食生活に定着しているからです。

ここでは、全国を対象に、ラーメンへの意識や食べ方の実態調査をした結果を紹介します。
フランチャイズでラーメン店を経営するにあたり、「日本人とラーメンの関係」をあらためて確認してみてはいかがでしょう。

ラーメン屋は確実に儲かる!?その真相を検証

【調査その1】あなたはラーメンが好き?嫌い?

ラーメンが好きな人の割合は78%、嫌いな人は0.4%という調査結果が出ています。

女性よりも男性が、また若い年代ほど「好き」と答える人が多い傾向。
さらに地域別に見ると、「北海道」「東北」「九州」で、「死ぬほど好き!」「大好き!」という熱狂的な人の割合が高いことがわかりました。

【調査その2】一番好きな麺類は?

1位は「ラーメン」(33%)、2位は「そば」(23%)、3位は「うどん」(3%)。

男女別にみると、男性は「ラーメン」や「そば」、女性は「パスタ」や「うどん」の支持が高くなっています。
地域別で見ると、東日本は「そば」は東日本、「うどん」は西日本、「ラーメン」は全国でくまなく人気という図式になっています。

【調査その3】ラーメンを食べる頻度は?

最も多いのは「月に2~3回」(29%)、次いで「週に1回」(24%)、「月に1回」(18%)となりました。
全体でみると、なんと90%の人が「月に1回」以上は食べているとう結果が出ています。

また、ラーメンが大好きと言う人は、「週に2~3回」以上食べる人も多いようです。

【調査その4】味以外で大事なポイントは?

1位:価格(57%)、2位:清潔感(53%)、3位:雰囲気(47%)、4位:店員の態度(40%)、5位:ボリューム(19%)とのこと 

特に女性は「清潔感」や「店の雰囲気」などを重視しており、女性客をつかまえたいなら、「きれいで明るいお店作り」が必須です。

【調査その5】一番好きなラーメンの味は?

北から南にかけて、人気のスープは「みそ味」「しょうゆ味」「塩味」「とんこつスープ」と シフトしていきます。

エリア別にみると、北海道、東北、北関東・甲信の北日本で、6割を超えて支持されて一番人気だったのは「みそ味」でした。

特に東北では3人に2人は「みそ味」好きでした。「しょうゆ味」は、首都圏から四国にかけて一番人気でした。

また、「塩味」は、地域差が比較的少ないスープだとわかりました。
「とんこつスープ」は、関西、中国、四国、九州の西日本では、半数以上の人が好きと答えています。

ラーメン屋と原価率

ラーメンの原価を、「ラーメン1杯を作るために必要な材料費」だと考えれば、オーナーとして自店舗のラーメンに実際どれくらいの原価がかかっているのか、正確に把握しておくことが必須です。また、材料によっては季節や年度で原価が大きく変わることもあり、ラーメンの価格を定期的に変えられないからこそ、原価と価格のバランスを考えることが欠かせません。

なお、一般的にラーメン屋の原価率は30%弱~40%弱程度とされており、もしも原価率が50%を超えてくれば注意しなければなりません。

原価率の計算方法

ラーメン1杯の料金に対して、原価がどれくらいの割合を示しているか「%」で表したものが原価率です。

原価率は基本的に以下の計算式で表せます。

原価率=ラーメン1杯の原価/ラーメン1杯の販売価格×100(%)

例えば、1杯1,000円のラーメンがあるとして、原価が400円であれば、その原価率は40%となります。

なお、実際は材料費の他にも人件費やその他の諸経費がかかっており、ラーメン1杯で本当に得られる利益を算出するには、店舗経営にかかっている全ての費用を考えなければなりません。

タレ、スープ

タレはそれほど原価がかからず、1杯あたりで10円程度になります。問題はスープですね。スープはラーメンの味を決めるというだけあって、原価が高くなってしまう可能性も。醤油ラーメンは50円程度、とんこつラーメンで100円、みそラーメンで120円ぐらいが基本です。スープの量によっても異なりますが、みそは多めのスープを必要とするため高めの原価となっています。

具材

使用する具材によっても変わりますが、ネギやメンマ、ナルト、チャーシューなどを使う醤油ラーメンの場合は60円程度、一方でもやしや野菜をたくさん使うみそラーメンは80円程度とスープと同様に異なります。

原価率を知ろう

原価についてわかったところで、原価率も計算してみましょう。原価を考えて、醤油ラーメンは1杯200円、とんこつラーメンは1杯250円、みそラーメンは1杯300円で作れると想定してみます。このラーメンをいくらで売るか、ということになりますね。

原価率30%で考えてみると、醤油ラーメンは666円、とんこつラーメンは833円、みそラーメンは1,000円ということになりますね。これはあくまで原価率を30%にした場合の金額です。

こういった原価率を計算しながら、いくらまでに原価を抑えるか、販売価格をいくらにするか、と決めることになります。フランチャイズは一律で同じ販売価格・同じ原価で提供すること、と決められている場合も多いので、あまり原価や原価率については考える必要はないかもしれませんが、オーナーとしては知識をつけておく必要があります。

利益と利益率とは?

原価率に対して利益率とは、売上げに対して店の利益を示す割合です。

例えば、ラーメンの価格から原価(材料費)を引いた残りの金額が「粗利益」となります。そしてさらに粗利益から人件費や諸経費などを引いた残りの収益が「営業利益」となります。

そのため、どの時点の利益を使うかで利益率が変わることも要注意です。

ラーメン屋の人件費

ラーメン屋を営業するにあたり、必要なのは人手。オーナー自らがすべてをこなすのは難しく、ラーメンと作ることがメインになります。となれば、オーダーをとったり提供したりお客様対応をしてもらう人を雇わなくてはいけません。

人件費として必要な金額は、まず時給から考えてみます。時給950円で毎日8時間雇うとしたら、1日で7,600円になります。1人ならそれだけですが、人数を増やすとさらにかかりますよね。これは渡す給料の分だけなので、交通費を支給するお金も、その他もろもろかかってしまいます。

実は人件費がラーメン屋経営にかかる費用の中で多くの割合を占めているのです。

そのほか、ラーメン屋の諸経費

実際にラーメン屋を経営するには、ラーメンを作ったり人を雇ったりするコストの他にも、様々な費用(諸経費)が必要になります。

原価がラーメンを1杯作るために必要な費用だとすれば、諸経費は店舗を運営したり、ラーメンを作れる環境を整えたりするために不可欠な費用です。そのため、ラーメン屋を経営する上で諸経費を無視することはできません。諸経費には様々な種類がありますが、以下にその一例を示します。

家賃

店舗として賃貸物件を利用している場合、毎月の家賃が発生します。また、店舗の近くに駐車場を借りるような場合は、その分の費用も支払わなければなりません。

水道光熱費

電気代やガス代といった光熱費も、ラーメン屋を経営していく上で欠かすことのできない費用です。特にラーメン屋は強い火力で鍋の湯を沸かし続けるので、ガス代が高額になることもあるでしょう。また、都市ガスとプロパンガス(LPガス)の費用差もあり、店舗のエリアによってもガス代は異なります。

さらに水道代は、調理だけでなくトイレの使用や清掃に水を使う際にもかかるので、普段から意識しておかなければなりません。

広告宣伝(販促)費

集客力を高める上で販促活動は重要なポイントですが、大がかりな広告宣伝を個人で行おうとすればそれだけ費用もかかります。

また、広告宣伝費には雑誌やグルメサイトへの掲載費の他にも、自作のチラシやポスターを作ったり、ホームページを作成したりといったことにかかる費用も含まれます。

広告宣伝費は店の利益率に関わるポイントであり、いかに効果的な宣伝を、低コストで実現するかが重要です。

通信費

店の電話代や、インターネットに接続するために必要なプロバイダ契約料といった費用は、通信費として計上されるコストです。また、通信費には書類を郵送したり切手を購入したりする費用が含まれます。

ほかにも、店内にテレビを置いているラーメン屋であれば、原則としてNHK受信料を支払う必要があります。

衛生管理費

衛生管理費とは、一般的に清掃代やクリーニング代といった、衛生環境の維持にかかる費用です。

店内を掃除したり洗ったりするために必要な費用、従業員のユニフォームやエプロン、タオルなどを洗濯したりクリーニングに出したりする費用などは、衛生費として処理します。

ラーメン屋で儲かるために必要なポイント

1日100杯程度を売り上げるお店の場合は、売り上げが1杯900円として2,250,000円、そこから諸経費を約150万円としても、引いて残る金額はざっと75万円ですね。これがオーナーとして受け取ることができる金額の目安であると考えましょう。あくまで一例の数字ですが、そう考えるとある程度の純利益は出る計算になりますよね。

実は他業界のお店と比べてみても、意外と諸経費がかからず利益も出しやすいといわれています。儲けやすい業界であるため、自分のお店を持ちたいという人には挑戦しやすいでしょう。やはりお店をやるなら儲けたい、と思うのが当然です。その願いを叶えてくれるのがラーメン屋ではないでしょうか。

原価率をおさえる

原則として、ラーメン屋で利益を上げようとすれば、原価率を低くすることが必要です。ただし、安易に質の悪い材料を仕入れて原価率を下げれば、結果的に味が落ちて客足が遠のくリスクを高めるでしょう。そのため、あくまでもラーメンの品質を保ちながら、安定した原価率や利益率を維持できるバランスを考えなければなりません。

回転率を上げる

回転率とは、一定時間にどれだけの客が入れ替わるかという割合であり、当然ながら回転率が高まるほど客数が増えるので、ラーメンの販売量も増えて利益につながります。

ただし、お客様の数が想定以上に増えすぎて従業員を増やさなければならなくなれば、結果的に粗利益が人件費や諸経費で相殺されるため、薄利多売にならない工夫も大切です。

客単価をアップする

1人のお客様が高いラーメンやサイドメニューを食べてくれれば、1人あたりの売上げが増えて、回転率がそのままでも利益がアップします。

そのため、例えば魅力的なトッピングをアピールするなど、客単価を上げる工夫もポイントです。

売上のシミュレーションをする

ラーメン原価、回転率とコスト、客単価などを総合的に考慮しながら、現実に沿った売上シミュレーションを行うことが重要です。

また、シミュレーション結果は材料の仕入れ量にも関わるため、可能な限り正確な計算を心がけましょう。

ラーメン屋で儲かるためにフランチャイズを活用しよう

フランチャイズでは最初から最適な原価率や、仕入れに関するノウハウが蓄積されているため、個人が一から考えるよりも遙かに合理的なシミュレーションを行うことが可能です。また、高品質な食材を安価に仕入れられるルートを紹介してもらえることもあります。

フランチャイズではロイヤリティなどを支払わなければならないといったデメリットもありますが、様々なロスを減らすことで、結果的にオーナーも利益を得られるため、むしろ初心者こそフランチャイズの活用がおすすめです。

 

おすすめのラーメンフランチャイズをリサーチ

フランチャイズのラーメン屋で成功したオーナーの声

ラーメン屋をフランチャイズで始める基礎知識

なぜラーメン屋が儲かるのか?

徳島でラーメン店をフランチャイズ開業!口コミとおすすめは?

金沢でラーメン店をフランチャイズ開業!口コミとおすすめは?

高知でラーメン店をフランチャイズ開業!口コミとおすすめは?

福井でラーメン店をフランチャイズ開業!口コミとおすすめは?

新潟でラーメン店をフランチャイズ開業!口コミとおすすめは?

鳥取でラーメン店をフランチャイズ開業!口コミとおすすめは?

岩手でラーメン店をフランチャイズ開業!口コミとおすすめは?

青森でラーメン店をフランチャイズ開業!口コミとおすすめは?

長野でラーメン店をフランチャイズ開業!口コミとおすすめは?

岐阜でラーメン店をフランチャイズ開業!口コミとおすすめは?

秋田でラーメン店をフランチャイズ開業!口コミとおすすめは?

北海道でラーメン店をフランチャイズ開業!口コミとおすすめは?

山形でラーメン店をフランチャイズ開業!口コミとおすすめは?

広島でラーメン店をフランチャイズ開業!口コミとおすすめは?

福島でラーメン店をフランチャイズ開業!口コミとおすすめは?

富山でラーメン店をフランチャイズ開業!口コミとおすすめは?

島根でラーメン店をフランチャイズ開業!口コミとおすすめは?

宮城でラーメン店をフランチャイズ開業!口コミとおすすめは?

栃木でラーメン店をフランチャイズ開業!口コミのおすすめは?

鹿児島でラーメン店をフランチャイズ開業!口コミとおすすめは?

群馬でラーメン店をフランチャイズ開業!口コミのおすすめは?

沖縄でラーメン店をフランチャイズ開業!口コミとおすすめは?

山梨でラーメン店をフランチャイズ開業!口コミとおすすめは?